青の花茶の副作用を検証!飲んではいけない人とは?

青の花茶の副作用について調べてみました。カロリーゼロで美味しい話題のダイエットティー効果の秘密とは?

青の花茶の効果!ダイエット以外にも

青の花茶はカロリーゼロなのに
甘くておいしいのでダイエットを続けやすい
と密かに評判になっています。

しかし、ダイエット以外にも
肌トラブルがなくなったなど、
さまざまな効果が表れているようです。

そこで、青の花茶の効果について
調べてみました。

青の花茶の主成分は、
バタフライピーというハーブが入っています。

バタフライピーとは、
タイの一般的なハーブで
青い花を咲かせます。

バタフライピーの有効成分は
アントシアニンです。

アントシアニンは、
デスクワークなどによる眼精疲労に
効果があることで知られていますが、
体の中の細胞の老化を防ぐ働きもあります。

そのため、体中に様々な効果が期待できます。

例えば、お肌の老化を防止することから
しわ、たるみなどにも効果的です。

また、加齢とともに低下する内臓機能を活発化して
太りやすくなる体質を改善する効果もあります。

さらに、加齢からくる抜け毛や白髪などにも
効果があります。

なので、青の花茶
カロリーゼロで甘くておいしいのに
メリットいっぱいのダイエットティーです。

青の花茶の口コミは?

ファビウスの青の花茶は、
甘くておいしいのにダイエットにいいと
口コミで評判になっています。

気になったので、青の花茶を購入した方の
口コミによる評判を調べてみました。

すると、口コミの方は上々でした。

例えば、

味は本当に美味しくて、間食が減った。
朝のお通じが快調になった。
肌のトラブルもなくなった。

などです。

その一方で、
おなかが緩くなった。
ダイエット効果は感じない。
など、イマイチな口コミもありました。

バタフライピーのアントシアニンの効果で
お肌のトラブルもなくなるようですが、
やはり食べる量を減らさないと
ダイエット効果は期待できないようです。

しかし、間食がやめられない方は、
間食がわりに青の花茶の甘さで
おなかが満足するので
間食を減らすことはできそうです。

青の花茶の副作用が心配な人とは?

厳しい食事制限をしているのに痩せない!

そんな悩みを持つ方も多いと思います。

f:id:koike326130:20170610133241j:plain

でも、ダイエットティーは飲みすぎると
便秘がひどくなるという副作用が…

しかも、お茶を飲むだけで痩せるなんて
にわかに信じがたい。

そんな理由から、ダイエットティーを
避けていませんか?

実は、スリムになりたい女子の間で
密かに人気を集めているのが青の花茶です。

この青の花茶は飲むだけで
運動しなくていいし、いつも通り食べてもOK、
と謳っていますが実際は副作用はないのでしょうか?

世に売られているダイエットティーのほとんどは、
便秘を改善するためのキャンドルブッシュ
というハーブが入っています。

でも、このキャンドルブッシュは、
腸のぜん動運動を促して便秘を改善するので、
飲み続けると危険です。

飲み続けると腸が刺激に慣れて
便秘が逆にひどくなるという副作用があります。

その一方、青の花茶は、
バタフライピーという成分がメインです。

バタフライピーとは、タイで人気のハーブで
青の花茶と同じいろの青色の花です。

中に、アントシアニンという
抗酸化作用の高い成分が入っていて
体のいろんな部分の老化を防ぐ作用があります。

キャンドルブッシュのような作用はないため、
飲み続けても便秘がひどくなる、
という副作用はありません。

ただ、バタフライピーには、
子宮収縮作用や血小板凝固を抑制する成分
がふくまれています。

そのため、妊婦さんは飲むのを
避けた方がいいです。

また、他に含まれている
甜茶アマチャヅル、メグスリノキ、ラフマ
の成分も調べてみました。

すると、アマチャヅルには、
吐き気や下痢などの副作用がまれにある
とのことでした。

糖尿病の患者や薬の飲み合わせなどによって
ごくまれに副作用が起こるようです。

なので、妊婦さんや糖尿病の患者は
飲まない方が無難です。

また、薬を服用している方は
医師に相談をした方がよさそうです。

それ以外の方なら飲んでも大丈夫そうですが、
吐き気や下痢などの症状が出るようなら
飲むのを止めた方がいいです。

定期コースなら30日間の返金保証付きなので、
気になる方は副作用が出るのかどうか
とりあえず試してみてはいかがでしょうか?

なお、今なら初回特別価格のキャンペーン中なので
気になる方は、こちらをクリックしてご覧ください。
 ↓ ↓ ↓